Hedgehog Note

日々の開発メモです。

JavaEEの開発環境を作る

JavaEEの勉強用に開発環境を構築します。

※下記を参考にしました。

EclipseGlassFishをダウンロード

下記からダウンロードします。

展開場所はどこでも構いません。
今回はEclipseをC:/pleiadesGlassFishをC:/pleiades/glassfishとします。

※上記リンクのGlassFishは最新ではありません。
 最新を入れる場合は下記から入手します。

Lombokの設定

getter/setter等を自動生成してくれるツールです。
JavaEEとは関係ありませんが、めちゃくちゃ捗るので入れておきます。

本体はこちらから入手
https://projectlombok.org/

ダウンロードしたら本体(lombok.jar)をダブルクリックで起動します。
Specify location > Eclipseを選択 > Install / Update

f:id:yoshiyuki9026:20170322004622p:plain

「Install successful」が表示されれば成功です。

GlassFishの設定

EclipseからGlassFishを操作できるように設定します。
まずはEclipseを起動します。

画面下のサーバータブの「使用可能なサーバーが~」リンクをクリック

f:id:yoshiyuki9026:20170322005910p:plain

Oracle > GlassFish Tools > 次へ

f:id:yoshiyuki9026:20170322005957p:plain

※私の場合は「次へ」を押してからけっこう時間がかかりました。
 気長に待ちましょう。

ライセンスに同意 > 完了 > 再起動

再起動後はサーバータイプにGlassFishが追加されています。
GlassFishを選択して次へ進みます。

f:id:yoshiyuki9026:20170322010145p:plain

サーバーの設定を行います。

f:id:yoshiyuki9026:20170322010209p:plain

あとはデフォルト設定のままで完了します。
サーバータブに作成したサーバーが表示されていれば成功です。

f:id:yoshiyuki9026:20170322011543p:plain

HelloWorldを表示する

サンプルプロジェクトを作成し、稼働確認を行います。

ファイル > 新規 > Maven プロジェクト

f:id:yoshiyuki9026:20170322013003p:plain

次へ

f:id:yoshiyuki9026:20170322014528p:plain

アーキタイプの追加

f:id:yoshiyuki9026:20170322014545p:plain

下記を入力して「OK」します。

f:id:yoshiyuki9026:20170322014728p:plain

一覧にアーキタイプが追加されます。
追加したアーキタイプを選択して次へ進みます。

f:id:yoshiyuki9026:20170322014757p:plain

ここの設定はなんでも構いません。
入力したら「完了」します。

f:id:yoshiyuki9026:20170322014834p:plain

画面左のプロジェクト・エクスプローラーにプロジェクトが追加されます。
これで雛形プロジェクトの作成は完了です。

次はこれをデプロイします。

サーバーを開始

f:id:yoshiyuki9026:20170322015224p:plain

プロジェクトをデプロイ

f:id:yoshiyuki9026:20170322015246p:plain

対象を選択して追加 > 完了

f:id:yoshiyuki9026:20170322015302p:plain

デプロイ完了後、下記へアクセスします。

※URLの"javaee"の部分は作成したプロジェクト名に合わせてください。

f:id:yoshiyuki9026:20170322021307p:plain

上記画面が表示されれば成功です。